ふたご座満月
TOPICS, ふたご座

ふたご座満月

こんにちは♪

ルーシー・グリーンだよ!

元気にしているかしら?

 

今日12/14 朝9:06頃。

ふたご座で満月です。

 

我が家にはテレビを置いてないので見られていないんだけど、

今期とってもおもしろそうなドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。

インターネット上にも毎週多くの人がキュンキュン♡している様子が伺えます。

昨夜も放送されていましたね♪

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「で、そのドラマがふたご座の満月とどう関係あんの?

しかも、あんたあのドラマ見てないんでしょう??」

って思った?

 

ごもっとも!

 

どう関係あるのかと言うと、このタイトルです。

 

私は普段、占いを通して多くの人の心に触れます。

恋や仕事、家族や友人との関係から人の心は喜びを得ることもあれば、ひどく傷つくことがあります。

 

そんな傷を受けた心は、

深い海の底へ沈んでいくように、

他者の言葉をシャットアウトして自分の心の奥へ潜っていくことがあります。

 

この悲しみから解放されるにはどうすればいいのか

あの時どうしてうまく立ち回れなかったのか

あの人は私から大切なものを奪った、許していいはずがない・・

 

悲しみ、怒り、不安、憎しみ・・

 

そういう感情は持ち続けることも苦しいものだけど、

周りの人からも理解されにくく「そろそろ忘れたら?」なんて言葉にさらに悲しみを深めることもあります。

 

なので、私自身は占い鑑定に相談へ来てくれる方にはそういう感情から無理に浮上することを薦めはしないことが多いです。

その人自身が心から「もういいや」って思える時を待つのもいいと思っています。

 

でも「逃げるは恥だが役に立つ」。

 

たとえば仕事なんかで、

「この職場、私に合ってないかも、疲れた、やめたいな・・」って思っても多くの人はすぐには辞めるというアクションをとりません。

それは日本には「石の上にも三年」とか忍耐をよしとする風土があるからだと思います。

 

けど「逃げるは恥だが役に立つ」。

 

心の問題についてもそうなのかもしれません。

 

悲しみ、怒り、不安、憎しみ。

そういう感情に心から「よし!」と実感できる時がくるまで向かい合うのももちろん私はいいことだと思います。

 

でも、時には逃げてもいいじゃないか。

 

先日ツイッターでこんなご相談をもらいました。

同僚に自分の仕事のミスの責任を転嫁してしまいました。こんな自分が許せない、、というような。

 

確かに責任転嫁された人は困ったかもしれませんし、できるならしない方がいいことなのだと思います。

 

でも・・そういうことってあるじゃん!

逃げちゃうことってあるじゃん!

 

たぶんこのツイートをくれた人は、マジメな人なんだと思うのです。

だから自分をものすごく責めているし、

普段からそうしてうまくできない自分を責め、頭を罪悪感でいっぱいにしているからこそ不要なミスも起こしてしまうのかもしれません。

 

今日、満月となるふたご座には「逃げる」という性質があります。

 

ちなみにこれは別に、ふたご座生まれの人が逃げる人だという意味ではなく、

ふたご座という星座にそんな意味があるというだけです。

 

そして今日からの2週間はあなたが何座さんであろうと、

ふたご座の性質を今より少し楽しめるようになるでしょう。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

逃げるってダメなことなんでしょうか?

 

誠実に責任を受け止めることは美徳だし、

悲しみや憎しみなどの感情にフタをしたって気持ちが悪いと、ちゃんと向かい合うのもいいことだと思います。

 

でも、人ってそこまで強くないといけないんでしょうか?

 

心がきゅうきゅうに苦しくなっていく間にも、

この世界にはあなたの心をときめかせることがどんどん起こっているのです。

 

誰かに逃げられてツライ経験をされた方もいるでしょう。

だから自分はぜったいに何からも逃げない、と心に誓っている人もいると思います。

そうして逃げたあの人へ届かないながらも復讐を続けているのかもしれません。

 

でも、なにも解決していないうちにもう次の世界へ移ってもいいですよ。

 

適当に、

ほどほどに、

面白くおかしく。

 

これまで閉め出していたそんな言葉たちをあなたの人生へ招いてあげてください。

 

そうすればあなたの世界はもっとにぎやかになるでしょう。

 

いつまでも静かに海の底へ沈んでいてもいい。

そして同じように、海の上へあがってきてついでに隣町へ出かけてみてもいいんです。

 

抱えている問題を無視しちゃってもいいんです。

 

あなたにはあなたの持っているやさしさや明るさを投げかけられる世界がまだまだ待っています。

 

ここにはあなたの欲しかったものはなかったかもしれない。

でもここで見つけださないといけないわけじゃない。

他の場所を見に行ったっていい。

 

どうしても忘れられない問題なら「一旦寝かせておく」ことだってできる。

一旦寝かせて他の世界を見ているうちにいい塩梅に問題が解決することもある。

 

いつもいつもそんなに真剣に自分の心と接さなくてもいいよ。

 

たまには適当に。

いい意味でルーズになってみない?

 

恋愛でも好きな人の心を捕まえることだけに集中しなくてもいいのです。

 

恋愛中の気分転換の苦手な人は多いですが、掘れば必ずお宝が見つかる!ってわけじゃないのも恋愛の醍醐味。

ほかの楽しいことに意識を向けているうちにいいアイディアが浮かんだり、タイミングが巡ってくることもあるかもしれません。

 

今日からの2週間、

スキップしながらサクサク進んでみませんか。

 

完全に心スッキリできていなくてもいい。

できるだけでいいから、いい気分になることをしながら過ごしてみる。

 

深い海に潜っていることに飽きてもいいんだよ。

怖がらないで出ておいで。

この世界にはまだまだあなたを楽しませることが待ってるよ♪